子供乗せ電動アシスト自転車の修理依頼で多いのがスポークが折れてしまうこと。
特に荷重や、動力の負担がかかる後輪は折れやすい傾向にあります。

現行モデルは、スポーク が太くなり本数が増えているので、幾分折れにくくなりましたが、
4−5年くらい前までのモデルでは、本数が少なく一般的な太さを使用したホイールが標準装着されていたので
使い方やメンテナンス具合によってスポーク 修理もしくはホイール交換をされたのではないでしょうか。

当店では、お客様の希望に添いながらになりますが、折れにくく・丈夫なホイールへの交換もご提案しています。
この際のお預かりは「作業時間中のみ」なので、最短は1時間ほど。半日お預かりいただければ、時間通りに返却することが可能ですので、毎日の利用に不便をかけることが最小限になると考えています。
(補修パーツの欠品等により、取り寄せや準備期間が必要な場合がります)

お預かり2〜4週間と言うお店もあるようですが、毎日の利用に残酷な宣告だと思っています。
出張修理の対応もありますので、スポーク折れが頻繁にある方はご検討ください。

川崎の自転車屋さん
出張修理は随時受付中 電動アシスト自転車もお任せください
サイクランドナカザワ でした。

View this post on Instagram

子供乗せ電動アシスト自転車の後輪ホイール交換しました。 ホイール内の針金(スポーク)を、太くて本数増しに入れ替えました。 メーカー純正ではなく、店舗カスタムになりますが耐久性の向上が期待できます。 スポーク修理を頻繁に行っている方はご検討の価値ありですよ! ブリヂストン製だと、2015年モデル辺りまではスポーク本数が少ないホイールの可能性が高いです。 #出張自転車修理 #出張電動アシスト自転車修理 #川崎 #川崎区 #幸区 #中原区 #横浜 #鶴見区 #港北区 #自転車修理 #電動アシスト自転車 #電動アシスト自転車修理 #電動自転車修理 #電動自転車 #パンク修理 #タイヤ交換 #出張修理 #子育て世代 #車椅子パンク修理 #子ども乗せ電動自転車 #川崎の自転車屋さん #通勤自転車 #ブリヂストンサイクル #パナソニックサイクルテック #ヤマハ #クロスバイク #サイクランドナカザワ #ホイール交換 #スポーク交換 #スポーク折れ

A post shared by 川崎横浜 出張電動アシスト自転車修理 サイクランドナカザワ (@velo_reparer) on